解体工事

今回の現場は、あの水害のあった真備地区のK様邸。

お見積りにうかがい、お宅を拝見させていただきました。
床は剥がされて、壁も剥がれ落ちていました。水が流れ
込んだ跡も残っており、当時の凄まじさが伝わってきま
す。

両隣りのお宅はすでに解体され更地になっていました。
K様も解体後は、ここに新しく家を再建されるそうで、
一日も早く復興してほしいと願うばかりです。

真備に向かう道中では、至る所で解体工事が進められて
おり、見慣れた街の風景は一変しています。

真備に残る人、真備を去る人。みなさん抱えた事情はそ
れぞれですが、元の街に戻ってほしいと思う気持ちはみ
んな同じです。

当社もこの解体工事を通して、復興に向けたほんの一助
になればうれしく思います。

さて、気を取り直して、解体工事の始まりです。

家の中の荷物はほとんどないので、サッシと瓦の取り外
しから始めます。

↑↑↑2階の瓦を撤去した状態です。

↓↓↓1階の瓦とサッシを全て外しました。

続いて、家をぐるりと養生シートで覆い、飛散防止に努
めます。

ここから本格的に重機を使っての取り壊しにかかります。

壊しだすと、あれよあれよと家の形はなくなっていきま
す。今回のお宅では2日間で母屋部分はなくなり、基礎
を残すのみとなりました。

だんだんと基礎部分の解体も進み、

最後はきれいに整地をしてお引渡しです。

災害が起きた後で、このような形で当社も解体工事に関
わらせていただく経験は初めてです。

今までたくさんの現場に立ち会わせてもらいましたが、
こんなに複雑な気持ちで解体工事をするとは思いません
でした。

K様だけではなく、たくさんの方がこの真備で被災され、
今なお再建したくてもできない事情を抱えている方もい
ると聞きます。

復興には長い道のりです。

当社には当社ができることで地域に恩返しをしていきた
いと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください