blog

こんな場所でも回収

Pocket

本日はお家のリフォームにともなう廃棄物の回収にうかがいました。

現場となるお家は高台の上にあり、トラックが途中までしか入って

行けません。

さらに、廃棄物が仮置きしてあるところまでは、トラックから30

メートルぐらい離れています。しかも坂道になっていて、一輪車を

使って何往復もして運び出すしか方法がありません。

DSC_0858

 

回収物は、残土、がれき、木くず、ガラスなど・・・

土嚢に入っていますが、重くて大変です。(^_^;)

ひとつひとつ一輪車に載せてトラックまで往復します。

DSC_0859

 

まさに肉体労働。大汗をかきながらひたすら運びます。土嚢が破れ

ていたり、昨日の雨で濡れていて積みにくい。作業開始から1時間

30分かかってようやく積込み完了です。

 

DSC_0861

 

現場もきれいになりました。

DSC_0860

 

一般家庭のリフォームですと、今回のような現場は珍しくありませ

ん。もちろん、作業はしにくいですが、現場は選べませんので、当

社としてはいただいた仕事をこなすだけです。

 

こんな現場でも回収してくれるのかな?こんな物でも回収してくれ

るのかな?疑問に思ったことは何でもお問合せ下さい。もちろんお

見積もりは無料ですよ。

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


新着情報

  1. もうすぐ梅雨入りになりそうなこの時期に雨濡れによる廃棄物の形状変化についてお話をしたいと思います。
  2. 2024.4.29

    荷姿
    今日のお話は「荷姿」についてです。
  3. 2024.3.30

    燃え殻の処理
    今日は燃え殻の処理についてお話をしたいと思います。