プラごみの犠牲

地球環境を守っていくために、もはや避けては通れない
海洋プラスチック問題。

こちらのブログでも何回も取り上げてまいりましたが、
情報発信することで事態の深刻さを伝えていきたいと思
い、これからも何かしらのお役にたてればよいと思いま
す。

今回も悲しい話題となりますが、事実を知ってほしいと
思い、掲載をしました。

タイの海で保護されたジュゴンの赤ちゃん。その愛くる
しい姿から国内外で人気者になりましたが、最近健康状
態の悪化から亡くなったそうです。

しかし、もっと悲しくなったのはその亡くなった原因で
す。

プラごみを餌と間違えて食べ、腸の炎症から感染症を引
き起こしたそうです。

ジュゴンと言えば、人魚のモデルになったと言われる哺
乳類で、温かい海に住み、藻場という海草が生い茂った
ところで採食しているそうです。

きっと、その藻場に細かいマイクロプラスチックが紛れ
込んでいたのでしょう。

沖縄の海でも見られるジュゴン。沖縄では米軍の基地移
設で辺野古周辺の海が埋め立てられていますが、人間だ
けでなく、基地移設はジュゴンにとっても死活問題かも
しれませんね。

プラスチック問題は確実に人間界にも悪影響を及ぼしま
す。だからこそ、今世界各地でこの問題に真剣に取り組
む姿勢が顕著になってきました。

しかし、さらなる努力も必要です。今回のジュゴンの赤
ちゃんの死が無駄になることなく、地球環境が改善の方
向へ向かうことを願います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください