プラごみの行方

4月からプラスチック資源循環促進法が施行され、一部業界では
プラスチック製品のリサイクルが義務化されました。

当社のお客様の中にも今までごみとして出していたものがなくな
り、当社の回収量が減ったところもあります。

これは世の流れでもあり、これからは一部業界だけではなく、全
業種、そして一般家庭にもプラスチック製品の分別義務化が始ま
るのは時間の問題だと思います。

そんな中、プラスチックごみの末路がどんなふうになるのか気に
なる記事を見つけました。

海に流れ出たプラスチックごみが深海750メートルで発見され
たそうですが、その姿に驚きました。
袋やバケツはほとんど分解されず原型をとどめた形で発見されて
います。

自然界では、分解されることなく、ずっとその場に浮遊すること
がわかりました。細かくなったとしても完全になくなることはな
いので生態系への影響は大ですね。

たとえ自然界に流出したとしても自然に分解されて生態系に影響
を及ぼさないプラスチックが必要ですね。

と思ったら、今度はこんな記事が目に留まりました。

こちらのプラスチックコップは天然由来でたとえ海に流れ出ても
微生物による分解が進み、環境への負荷がないというものらしい
です。

分解前と分解後の写真を見ると一目瞭然。こんなプラスチックで
あればもし海に流れ出ても安心感があります。

技術の進化に脱帽ですが、それに甘えることなく私たち一人一人
の分別に対する行動が一番大切ですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください