エサではないけど

海洋プラスチックごみが生態系に悪影響を及ぼしている問題で、
こんな記事を見つけました。

福山市沖の宇治島という無人島で野生化した鹿がプラスチック
ごみを餌と間違えて食べているという記事です。

プラスチックごみが生態系に与える影響は今までにも何回も唱
えられてきました。

ウミガメの鼻にストローが刺さったり、ウミドリの足にひもが
からまったりと、人間だけでなく動物たちもプラスチックごみ
の犠牲になってきました。

この宇治島は、もともと野生の鹿はいなかったようですが、市
が無人島の活用計画のもと鹿や孔雀を放したあとに、その計画
が頓挫し、鹿たちが野生化したようです。

今でも市がエサを運んでいるようですが、少ないのか、食べ物
の匂いがついた袋をエサと間違えて食べているのではないか。
という話です。

鹿にとってはなんとも迷惑な話にも聞こえますよね。人間の都
合で放った鹿が野生化し、人間が捨てたプラスチックごみで鹿
が被害を被っている。

鹿を放ち、その鹿を野生化させてしまったことと、プラスチッ
クごみを海に捨てる人間の行動。

二つの問題が浮き彫りになったことがわかるような記事だと思
いました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください