blog

どこにでも潜むマイクロプラスチック

Pocket

海に流れ出たプラスチックごみが紫外線にさらされ、
マイクロプラスチックとなって海を漂うのは、既に
周知の事実です。

このマイクロプラスチックは自然界では分解されな
いのことが厄介なわけですから、一度海に流れ出た
マイクロプラスチックは永遠に海を漂います。

そうです。こんなところまでも。

ここは太平洋のマリアナ海溝。世界一深いとされる
海の底。

水深6千メートルに潜む微生物の体内からマイクロ
プラスチックが出てきたというのですから、驚きの
ほか何もありませんね。

地上の動物たちが誤って食べたりすることは、今ま
でも何度もありましたが、水深6千メートルの深海
までマイクロプラスチックがたどり着くとは。。。

自然界に永遠に残り続ける。これは本当のようです。

高い山の上でも、深い海の底にも、どこにでもマイ
クロプラスチックは存在します。

それだけ、人間がどこにでも行けるようになったと
いう裏返しかもしれませんが、人間がどこにでも行
けても、マイクロプラスチックがどこでも存在して
いいという理由にはなりませんからね。

プラスチックもバイオマス由来のものが増えてきま
した。

これからは自然界で分解されるプラスチックが増え、
マイクロプラスチックの増加もなくなる日がくるか
もしれませんが、それには長い年月がかかるはずで
す。

何より重要なのはプラスチックを捨てないという人
間の意識改革。これに勝るものはないでしょうが、
一番難しい気もしてなりません。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


新着情報

  1. 2024.4.29

    荷姿
    今日のお話は「荷姿」についてです。
  2. 2024.3.30

    燃え殻の処理
    今日は燃え殻の処理についてお話をしたいと思います。
  3. 産業廃棄物の中間処理を行うにはいろいろな施設が必要ですが、その中に焼却施設があります。