クリーン作戦

今年もこの季節がやってきました。

先日、岡山県産業廃棄物協会倉敷南支部が主催するクリーン作戦
に行ってきました。

晴天快晴のもと、今年は総勢80名ほどの方が参加していました。

我が社も微力ながら街の美化のお手伝いです。

当社から選ばれし、成雄3名(^^)/

O君、M君、K君。がんばって下さい。

今回の現場は、鷲羽山スカイライン周辺です。

鷲羽山スカイラインと言えば、とても風光明媚な光景が広がり、
山の頂上まで行くと眼下には素晴らしい景色。

遠くには瀬戸大橋も望むことができ、ドライブやツーリングには
うってつけの場所。また、夜には水島コンビナートの夜景も見る
ことができ、わが街倉敷の観光名所のひとつです。

なのに、なのに、こんな素晴らしい場所でなぜクリーン作戦をし
なくてはいけないのか?

道路から投げ捨てられたと思われるゴミの山がたんまり。

これらのごみは、道路からは見えない山の斜面に捨てられており、
それを人海戦術でひとつひとつ上まで手で運び出します。

トラックが入っていけるところであれば積込みも楽でしょうが、
山の中なので作業も一苦労です。

斜面がきついところでは無理をせず、やむを得ず回収できないご
みもありました。

看板の抑止効果もむなしく感じられ、あとを絶たない不法投棄が
なくなることを願うしかありません。

正直、このクリーン作戦はいたちごっこかもしれません。今回清
掃したところは確かにきれになりました。

しかし、何年後かに、また同じ場所でクリーン作戦をしなくては
いけないときが来ると思います。

もし、クリーン作戦がなくなればごみは溜まり続けるばかりです。
誰も善意で回収しようとは思わないですし、一人でできることで
はありません。

たとえいたちごっこでもやり続けることが、街の美化を損なわな
ことのひとつの手段なんだと思いました。

街をクリーンにすると同時に、人の心もクリーンにすることが真
のクリーン作戦かもしれませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください