いよいよ本気になってきた。

何度も何度もお伝えしていますプラスチック問題。
具体的な削減目標を政府が打ち出してきました。

2030年までに使い捨てプラスチックの排出量を今より25%
削減するというものです。

プラスチック製品は今や私たちの現代生活には欠かせないもので
す。そのプラスチック製品が減るということは私たちの日常生活
にも少なからず変化が起きます。

今まで当たり前にあったものがなくなり、その代わりの物が生ま
れる。今より便利になるのか不便になるのかわかりませんが、確
実なことは、今より環境汚染が進まないということです。

統計によると、2016年の国内排出量は899万トン。そのう
ち16%が焼却や埋め立てされるそうだが、世界に目を向けると
800万トン以上が海に流入し、生態系に悪影響を及ぼしていま
す。

私たちの生活を支えてきてくれたプラスチック製品が厄介者にな
るとは何とも皮肉ですが、現実的に突き付けられた問題です。

しかし、これをクリアしていかないことには将来の地球環境に明
るい未来はありません。

皆さんの身近にあるそのプラスチック製品。ちゃんと適正処理で
きていますか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください