blog

これも解体工事

Pocket

先日、当社のお客様から解体してほしいものがあるとのご依頼を受け、お見積りに
うかがったところ、てっきり建物かと思いましたが、使い古した焼却炉を解体して
ほしいとのご依頼でした。

大きさはさほど大きくはないものの、煙突部分があるためそのままの状態でトラッ
クに積み込むことができず、煙突部分だけを切断して積み込むことにしました。

ガスで切断をするのですが、切断したあとに切った煙突が倒れないようにクレーン
であらかじめ吊っておきます。

そして切断していきます。

切れました。

煙突がなくなった本体部分は吊りやすいのでクレーンでそのまま積み込むだけです。

見た目は大きくなくても焼却炉は炉の中に耐火レンガをびっしりと貼っていますの
でこれでもけっこう重いんですね。

今回の現場はクレーンをすぐ横付けできる現場でしたが、遠くからでないと吊るこ
とができない現場ではより大きなクレーンが必要になり時間も費用もかかってしま
います。

すべて積込み完了です。

解体というと建物を想像しがちですが、今回のようなケースもありますので何かあ
りましたらご相談下さい。もちろんお見積りは無料ですよ。(^^)/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


新着情報

  1. もうすぐ梅雨入りになりそうなこの時期に雨濡れによる廃棄物の形状変化についてお話をしたいと思います。
  2. 2024.4.29

    荷姿
    今日のお話は「荷姿」についてです。
  3. 2024.3.30

    燃え殻の処理
    今日は燃え殻の処理についてお話をしたいと思います。