性状変化

ジメジメとした梅雨の真っただ中ですが、皆さんの職場では何か

梅雨対策というものをされていますか?湿気があり気温が高くな

るとカビなども生えやすくなり、知らないうちに食材が傷んでた

なんて経験は誰にでもあると思います。

 

実は、この「知らないうちに」というのが今回のテーマです。

 

廃棄物も知らないうちに形状や性質が変わることがあります。こ

れを「性状変化」と呼んでいますが、この梅雨のシーズンに限ら

ずいつでも起こりえる現象です。例えばどんなときかと言うと、

 

水に濡れたとき

熱を加えたとき(気温が上がったとき)

衝撃を加えたとき

何かを混ぜたとき

などです。

 

この廃棄物の性状変化はとっても重要なことで、お客様(排出者)

から引き取った時点では何も変化がなかったものが、収集後の積

み替え保管中に姿、形が変わってたなんてこともあり得るのです。

 

ただ姿、形が変わっていただけならまだ良いですが、中には発熱

して自然発火したり、引火性のものに変わったり、悪臭を放った

り、最悪、爆発したりなんかすることだって否定できません。

 

そのために、その廃棄物の性状を知ることは大変重要で、排出者

も収集業者も理解、納得したうえで排出したり、収集しないとい

けません。ただ、廃棄物の性質というのは、やはりその廃棄物を

出す側(排出者)が一番よく知っているわけですから、我々収集

業者としてはお客様にWDSシートというものを提出していただく

ことがあります。

 

WDS?聞き慣れない単語ですよね。

 

これは廃棄物データシートと言って、その廃棄物の成分や性質そ

の他の詳細を詳しく記載するもので、排出者は処理業者から提出

を求められたら提出しなければならないと産廃の処理委託契約書

にも謳っています。

 

↑↑↑このようなシートです。(見にくくてすみません)

 

産業廃棄物を適正、安全に処理するための重要な情報源になるシ

ートなので、お客様には提出のご協力をよろしくお願い致します。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です