blog

コンテナ修理

Pocket

毎日猛暑が続いておりますが、皆様体調など崩されていないでしょうか?
個人的にはこのような猛暑では仕事にも影響を及ぼしかねないので社会
全体が猛暑休暇などを取りやすくなる環境になるといいなあと思います
が、なかなかそうもいかないのでしょうね。

さて、今日は当社ではこんなこともやってますという記事をご紹介しま
す。

お客様の会社や現場などに設置する様々なタイプの廃棄物用のコンテナ
がありますが、当社ももちろん数多く有しています。

この廃棄物用のコンテナは鉄製なので何年も使っているともちろん劣化
する消耗品です。

2~3年や4~5年でダメになるものでもありませんが、いずれは朽ち
てくるものです。

そうなると新しいものに更新しなくてはいけないのですが、これがけっ
こうな値段するんですね。原材料の高騰や物価高で仕方ないことですが、
そうは言ってもけっこう高いんです。

サイズにもよりますが、一昔前では8㎥のタイプで20万円もしません
でしたが、今は倍近いのではないでしょうか。

ということで、新しいものを買うより、直せるならば自分たちで直して
みました。

これは12㎥サイズのコンテナですが、底に穴が開いたので鉄板を張り
替えて溶接してとめました。

鉄板を張り替える前の写真を撮ればよかったのですが、錆び付いていて
ごみが穴からこぼれ落ちるのでコンテナとしてはお客様に貸し出しでき
る状態ではありませんでした。

コンテナの底もひっくり返して補修していきます。

材料としては鉄板と熔接するための溶接棒をたくさん使いますね。でも
外注に出すことを考えると大幅なコストダウンです。

中も丁寧に熔接をしていきます。

そして錆止め塗装を施してから当社のカラーであるブルーの塗装をして
いきます。

この時点でもはや新品にしか見えません。

最後は当社のロゴシールを貼って完成です。

最近では何から何まで価格が高騰している中、少しでも節約できるとこ
ろは節約を。と各社で考えられていると思います。

確かに廃棄物の処理費用も上がっておりまして、そういった面に関して
はお客様にご負担をおかけしております。

当社では自社でできるところはなるべく自社で行い、経費削減に取り組
むことで廃棄物処理にかかる費用をなるべく抑えられるように努力をい
たしております。

廃棄物処理にかかる費用が高いと感じられましたら何かお役に立てるか
もしれませんので、その際にはご相談下さいませ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


新着情報

  1. 産業廃棄物の中間処理を行うにはいろいろな施設が必要ですが、その中に焼却施設があります。
  2. 2024.1.27

    解体工事
    今回の解体工事の物件は小さな店舗だった建物です。もう営業をやめ取り壊しのご依頼を頂きました。
  3. 2023.12.30

    仕事納め
    早いもので本年も残りわずかとなってまいりました。