blog

続・一時多量ごみ

Pocket

前回のブログで一時多量ごみのことを記載いたしましたが、今回も新たに
ご依頼をいただきました。

今回も企業様からのご依頼なので、家庭からの引っ越しなどに伴う一時多
量ごみとは異なり産業廃棄物としての扱いになります。

同じ一時多量ごみでも産業廃棄物になるのか、一般廃棄物になるのかは、
家庭から出されたものであるか否かでまずは決まるので、迷われた際には
ご相談下さい。

こんなかんじで不要物がたくさん置かれてありましたが、トラックが横付
けできないため手作業により運び出すしかありません。

運びます。

積込みします。

ごみが減ってきました。

また運びます。

積み込みします。

あともうちょっとです。

積んでみると4tトラックがいっぱになりました。

きれいすっきりと片付いた現場です。

このあとも作業は続き、結局4tトラック2台、3人で2時間の作業でし
た。一時多量ごみはその名の通りたくさんのごみが一度に出ます。その片
づけや処理は一人ではできっこありません。

最初にも述べたように、家庭から出るか、事業所から出るものなのかによ
って処理の方法が異なります。

特に家庭から出された一時多量ごみは役所にも届けが必要なためお客様の
手数が必要です。その代行もできることもありますので、一時多量ごみを
出される際には前もってご相談されることをおすすめします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


新着情報

  1. 産業廃棄物の中間処理を行うにはいろいろな施設が必要ですが、その中に焼却施設があります。
  2. 2024.1.27

    解体工事
    今回の解体工事の物件は小さな店舗だった建物です。もう営業をやめ取り壊しのご依頼を頂きました。
  3. 2023.12.30

    仕事納め
    早いもので本年も残りわずかとなってまいりました。