blog

解体工事

Pocket

高梁市にてK様邸解体工事を行いました。

K様は数年前に一度、別物件で解体工事をさせて頂いたお客様で

今回も当社をご用命くださり、K様の本宅に隣接する空き家を解

体することになりました。

 

今回の物件は20坪ほどの小さな木造家屋。床面積が80㎡に満

たないため建設リサイクル法に基づく届け出も不要でした。

 

家屋の中に家財道具などが散在しており、まずは中の片づけから

始まり、建物をぐるりと養生シートで囲い、飛散防止に努めまし

た。

 

続いて、建具などの取り外し、屋根瓦の撤去まで手作業で行い、

家を丸裸にしたあと重機を投入し、本格的に取り壊しにかかりま

す。

 

重機での解体が始まると比較的作業はスムーズに進み、散水をし

ながら埃がたたないように気を付け、取り壊し→積込み→運搬の

作業を繰り返します。

 

今回は基礎の解体もなかったので天候にも恵まれ3日で工事を終

えることができました。

 

養生シート設置後の建物

 

取り壊しの様子

 

解体後の現場

 

工期3日

木くず16t

コンクリートがら10t

金属くず2t

その他2t

でした。すべて建設リサイクル法に基づき再生処理となりました。

 

今回のK様のように空き家でお悩みの方は一度相談だけでもして

みませんか?

 

 

 

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


新着情報

  1. 2024.4.29

    荷姿
    今日のお話は「荷姿」についてです。
  2. 2024.3.30

    燃え殻の処理
    今日は燃え殻の処理についてお話をしたいと思います。
  3. 産業廃棄物の中間処理を行うにはいろいろな施設が必要ですが、その中に焼却施設があります。