プラスチックごみの使い道

近年、厄介者扱いされてきたプラスチックごみ。

これだけ環境に影響するとなれば、それは仕方のないこと
なのかもしれないが、人間がプラスチックに依存してきた
しっぺ返しが、これからの将来を担う子供たちにかかって
は大変ですよね。

では、厄介者が厄介でなくなればいいんですよね。

脱プラスチックが、だんだんといろいろな業界に浸透して
いますね。

外食産業では、プラスチック製のストローを紙に変えたり、
衣料品店では、ナイロン袋を紙袋に変えたりと、様々な取
り組みがされています。

そんな中、ブランド業界にも新しい風が・・・

世界的に有名なブランド品の服やバッグの原料に、プラス
チックごみを使おうという試み。

正直、ブランドには疎い私ですが、名前は誰でも聞いたこ
とがある有名なブランドばかり。

ブランド品を買う人の気持ちになってみると、その素材に
ごみが使われていることは、大して問題ではないと思いま
す。

おそらく、そのブランド品のデザインであったり、価格で
あったり、デザイナーのセンスであったりではないでしょ
うか。

ネームバリュー抜群の各種ブランド品が、このような取り
組みをすると、世界ウケすることは間違いないでしょうね。

そのうちタグの原材料に、再生プラスチック100%なん
て表示もされるかもしれませんね。

私もこれを機に、好きなブランド品でも探そうかと思いま
す。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください