行政検査

昨日は、当社の焼却施設の行政検査が行われました。

どんな行政検査かと言いますと、焼却施設から排出されるばい煙
に含まれているダイオキシン濃度を測定する検査です。

実は、この検査は自主的に年一回測定して、その結果を市に報告
することが義務付けられています。当社も10月にその自主測定
を済ませており結果も良好でした。

では、なぜ同じことをもう一度するのか?ということなんですが、
倉敷市では同様の検査を焼却施設がある事業所に持ち回りで抜き
打ち的に行っています。

抜き打ち的に行うということは、普段から維持管理が適切に行わ
れているかどうかをチェックするためであり、自主測定の結果が
良くても行政検査の結果が良くなかったということも考えられる
かもしれません。

当社としては、普段から行っている施設の運転を平常通り行うだ
けで、あとの結果については報告を待つだけとなります。

結果ももちろん大事なのですが、一番大事なことは先にも述べた
ように普段から適切な維持管理が行われているかどうかです。

ダイオキシンという環境に影響を及ぼす物質であるからこそ、こ
れからも適切な管理を心掛けていきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください