乾燥施設

産業廃棄物の中間処理施設と言えば、多種多様にわたります。

廃棄物の種類によって、また、効率性や処理会社の施設規模

なんかによっても同じ種類の廃棄物を処理するのにも、違っ

た中間処理方法だったりします。

 

中間処理は、廃棄物を最終処分する前に、減量化や無害化、

安定化などを図り、廃棄物のリサイクル率を高めるとともに、

最終処分場の延命にも大きく関わる大変重要な工程です。

 

中間処理の種類と言えば、

破砕、焼却、切断、圧縮、選別、溶融、解体、脱水、中和、

固化、混合調整。。。。。ざっと挙げただけでもこんなに種

類があります。

 

ちなみに当社では、破砕、焼却、解体選別という3つの施設

があります。廃棄物の種類や大きさによってどの施設で処理

を行うか、どの施設で処理をすれば早くて効率の良い処理が

できるか。施設の数があればあるほどいろいろな種類の廃棄

物に対応できます。

 

このたび、当社では、新たな中間処理施設として汚泥の乾燥

施設を新設いたしました。今まではお客様から排出された汚

泥は直接最終処分場に搬入しておりましたが、今後は当社で

一旦、中間処理することにより柔軟な対応ができるようにな

ると思います。

 

新許可証はこちらです。

 

すべての汚泥に対応できるわけではありませんが、汚泥の処

理の件で何かございましたらご相談下さい。

さらに、従来より当社で行っておりました焼却施設にも、焼

却できる品目として新たに動植物性残さも追加しました。

 

今後もお客様の多様なニーズにお応えすべく、日々研鑚に努

めてまいります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です