解体工事

T様邸解体工事を行いました。

 

連日雪が降る寒い中でしたが、無事に工事を終えることができました。

T様邸は空き家になっており、解体後は新築の家を建てられるそうで

す。

部屋の中の家財道具はすべて撤去しており空っぽの状態。このような

状況ですと、工事前の部屋の片づけ作業が必要ありませんので、工期

の短縮になります。

 

ですから今回は建具やサッシの取り外し、そして瓦の撤去作業から取

り掛かりました。

 

ドアや窓を全部外します。

 

玄関も取り外します。

 

 

ちょっと分かりづらいですが、瓦を全部撤去したあとの写真です。

 

続いて、足場養生を設置していきます。これは飛散防止のため家をぐ

るりとシートで覆います。

これで外からは現場の様子を見ることはできません。

 

そしていよいよ重機を投入し、本格的に家本体の取り壊しにかかりま

す。

 

 

防塵のため散水も怠りません。

 

重機での作業が進むと工事は一気に進みます。木くずやプラスチック、

コンクリートなどを分別しながら解体していきます。

 

あっという間に家の姿がなくなりました。

 

家がなくなると家の基礎部分が姿を現します。基礎は文字通り家を支

える基礎ですからとても頑丈です。上屋を取り壊すときよりも厄介で

す。

基礎部分の解体写真を撮り忘れましたが、相当のコンクリートがらが

出てきました。

 

だんだんと更地に近づいてきました。今回の整地は現状均しでしたの

で新しい土を入れることなくそのまま整地をしていきます。

 

すっかり景色がかわりましたね。今まで見えなかった隣の家の壁が丸

見えです。

 

 

完成引き渡しです。どんな家が建つのか楽しみですね。

T様お世話になりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください