中国地区コンファレンスin倉敷

今回はちょっと仕事とはかけ離れた内容ですが、よろしければご覧ください。

 

先週、倉敷みらい公園にて、中国地区コンファレンスin倉敷なるものが開催

されました。日本青年会議所中国地区協議会という団体が毎年中国5県のど

こかで開催しておりまして、今年は倉敷での開催だったようです。

 

本来は日本青年会議所メンバー向けの大会ではありますが、一部、一般市民

向けにイベント等も開催されていまして、倉敷みらい公園では「たから市」

というイベントを開催していました。このたから市は地元岡山県のB級グル

メや特産品を中心にいろいろな出展者の方が趣向を凝らしてブース販売しい

ました。

 

 

そして、実は今回、私もブース出展に関わらせていただきました。

何を販売していたかというとこちらです。

 

水島臨海鉄道の沿線のスポットや飲食店をご紹介したガイドブックです。

実はこのガイドブック、昨年に地元の高校生たちと一緒に1年かけて作り上

げた力作なんです。各駅の周辺のお店を1軒1軒回って取材し、自分たちで

まとめ上げ、出版社の方にも協力をいただき、なんとか販売できるようにな

りました。

 

水島臨海鉄道は倉敷駅と水島工業地帯を結ぶローカル線なので、利用する人

は限られているかもしれませんが、沿線には意外と知らないスポットやおい

しいスイーツのお店、老舗喫茶店などもご紹介されていて、見ると行ってみ

たくなりますよ。何より高校生たちの手作り感がにじみ出ていて、思わず手

にとってしまいます。

 

書店では販売していませんので、倉敷商工会議所事務局か当社までお問合せ

いただければありがたいです。

 

さてさて、話は戻りますが、たから市は地元を盛り上げて地域を発展させる

気持ちをこめて開催されています。ですので、出展しているお店は全部岡山

県にちなんだものでないと販売はできないようになっています。

また、ステージイベントも開催されていましたが、こちらも地元岡山の郷土

芸能であったり、中国5県出身のお笑い芸人のライブ。倉敷出身の水道橋博

士のトークショーなどでも盛り上がっていましたよ。

 

 

日本を元気にするにはまず地方から。みなさんの地元は盛り上がっています

か?どこの地方にも特色は必ずありますよね。その特色を生かした町おこし

は地元を元気にします。そして、今まで気づかなかった地元の良さに気づか

せてくれます。

 

大きなお祭りや全国規模の催しも楽しいですが、地元に密着したイベントに

も足を運んでみると、今まで知らなかった魅力が発見できるかもしれません

ね。このたから市は来年、鳥取で開かれるそうですよ。(^_^.)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です