便乗ごみ

先月起きた鳥取県での地震。こちら岡山地方でもかなりの揺れを感じました。

熊本で起きた地震もそうですが、災害への備えを普段からしっかりとしてお

かないと、いざというときに本当に困ってしまうという思いを強く感じまし

た。

岡山は災害が少ない街とよく言われます。そのためか、人々の災害への意識

が少なくなることが心配です。いつどこで起きてもおかしくないのが災害。

地震が起きたから、ではなく、起きる前に対策を施すことが大切ですね。

 

昨日の朝刊です。

 

dsc_1024

 

災害が起きると決まって起こる問題です。

 

地震だけに限らず台風や水害でもこのような問題は起きます。岡山県でも過

去に同じようなことがありました。災害で被害を被った家の中にある家財道

具や家電といった生活品がごみとして出されますが、中には関係ないごみま

で便乗して出される人もいます。

 

被災者の心情を察すると、いちいちこれは被災されたごみですか?と聞くこ

ともできず、受け入れざるを得ないそうです。しかも、量が半端ないので、

仮置き場も不足し、処理には税金が使われます。

 

本来であれば、復興のために使いたいお金ですが、関係ないごみの処分費に

充てたのでは本末転倒です。復興が早く進むように、一人ひとりがモラルを

もって行動したいものです。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です