産業廃棄物の動向

先日の朝刊にこんな記事が載っていました。

 

DSC_0833

 

岡山県内で排出される産業廃棄物の量が、ここ数年減少傾向にあるというものです。

一方で、リサイクル率はだんだんと上がっていて、40%を超えたそうです。

これは、一見喜ばしいことのように思えますが、裏を返せば各産業において製造さ

れる物の絶対量が減っていることになります。もちろん、それには人口減や少子化

の問題も絡んできますが・・・

 

製造される物の量が増える = 排出される産業廃棄物が増える という図式は昔

から変わりません。しかし、今は昔と違って、環境問題を反映してかリサイクルで

きる物はリサイクルすることをまず考えます。当社のお客様におかれましても、そ

ういった考えをお持ちの方は少なくありません。

 

一番いいのは、製造量は増えるが廃棄物は減る ことがいいのでしょうが、これは

なかなか難しいと思います。なので、製造量を増やして廃棄物の量は増えるが、リ

サイクル率を上げる。これがやはり現実的なのではないかと思います。廃棄物を埋

め立てるには土地が必要です。これには限りがあります。いつか枯渇して、また海

を埋め立てての繰り返しでは将来性がありません。

 

産業廃棄物を減らすことは大事なことですが、私たちの暮らしを豊かにすることは

それよりも大事です。各職場でリサイクルが叫ばれている昨今、廃棄物は出しても、

これってリサイクルできないかな?ともう一度考えてみませんか?

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です