blog

企業版一時多量ごみ

Pocket

倉敷市では令和5年4月より、一般家庭から引っ越しや遺品整理などに

伴ってごみステーションに出すことができない多量のごみを処分する際

は、許可業者に頼まなくてはならなくなりました。当社でも許可を持ち

合わせておりますので、その際にはご相談ください。

 

一方で、一般家庭以外、すなわち会社やお店から出る一時的な多量ごみ

は今まで同様に産業廃棄物扱いになります。今回ご紹介する記事は、先

日ある事業場から出た多量ごみの片づけの様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

部屋がいくつかあって、トラックがすぐそばまで入って行くことができ

なかったので、人海戦術でひとつひとつ運び出しをしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運び出すときの注意は、なるべく分別をしながらトラックに積むという

こです。なぜなら、当社に持って帰って仕分けをする際にごちゃごちゃ

に積んではあとから苦労をするからです。こういった作業を請け負う際

はなるべく現場で分別をすることが鉄則です。

 

 

 

 

 

 

 

 

量が少なければよいのですが、多くなればなるほど分別をしておかない

と事後作業が多くなり金額に見合った仕事ではなくなるからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

結局4人がかりで4tトラック4台分のごみを4時間で運び出しました。

一時多量ごみは、ごみの量、作業人員、作業時間によって金額が変わっ

てきます。家庭の一時多量ごみの処分料金は各社のホームページなどで

ある程度確認はできますが、事業場の一時多量ごみは現場に出向いて確

認させて頂くことをおすすめします。

お見積りは無料なので気になる多量ごみがございましたら一度ご相談下

さい。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


新着情報

  1. 産業廃棄物の中間処理を行うにはいろいろな施設が必要ですが、その中に焼却施設があります。
  2. 2024.1.27

    解体工事
    今回の解体工事の物件は小さな店舗だった建物です。もう営業をやめ取り壊しのご依頼を頂きました。
  3. 2023.12.30

    仕事納め
    早いもので本年も残りわずかとなってまいりました。