新聞記事

このブログでも何度もご紹介しているマイクロプラスチック。

海に流れ込んだペットボトルやレジ袋などが5mm以下まで

細かくなって海中に漂っているゴミのことを言います。

 

マイクロプラスチックは他の廃棄物と違って自然分解されま

せん。いつまでも海中に浮遊し、それを食べた魚を私たち人

間が食べる。生態系を乱す根源になっています。

 

 

新聞記事によると、なんと深海1万メートルまでその存在が

確認されたそうです。いつまでも残っていることが立証され

ましたね。元をたどると私たち人間が捨てたゴミです。自然

界ではペットボトルやレジ袋など存在するはずもなく、生活

の利便性がもたらしたしっぺ返しのような気もします。

 

プラスチック製品は現代社会においてなくてはならない製品。

それに代わる製品の開発や、まったく無害な素材で作るなど、

メーカーは試行錯誤を繰り返しているそうですが、そういっ

たことに頼るのではなく、まず私たちのモラルから正してい

けばこんな新聞記事を見なくなる日がくるかもしれませんね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です