抜き取り検査

産業廃棄物を処理する際、一般的な流れとして、

 

排出 → 収集運搬 → 中間処理 → 最終処分または再資源化

 

がよくある流れだと思います。中間処理がなく直接最終処分場に搬

入したり、あるいは再中間処理のように中間処理会社が2社になる

場合もあります。また、排出者が直接中間処理会社に搬入する場合

は収集運搬という行程はなくなりますね。

 

ここで考えて頂きたいのは、この一般的な流れに沿って産業廃棄物

を処分しようと思っても、できない場合もあるということです。産

廃の処理会社は受け入れ可能な廃棄物(つまり、自社で処分可能な

廃棄物)とそうでないものがあります。当社の場合で言うと、

 

紙くず、木くず、繊維くず、廃プラスチック、ガラス陶磁器くず、

がれき類、ゴムくず、金属くず

 

の8種類は処分可能ですが、それ以外は自社での処分はできません。

ですから、産廃の処理会社だからといって、何でも引き取ってくれ

るというのは誤った考えですね。

 

で、今回のタイトルの「抜き取り検査」。

 

これは、処分可能な廃棄物ではあるが、処分するためにその廃棄物

に有害物質が含まれていないか、大きさは守られているか、温度が

高すぎていないかなどの受け入れ基準というものがあります。

 

当社は中間処理会社ですが、中間処理後の廃棄物は最終処分場に運

びます。その最終処分場でも厳しい受け入れ基準があり、その基準

をクリアしないと契約を結ぶことができません。しかも契約時に基

準をクリアしていても途中で基準違反のものになってしまったら、

契約を解除されることもあります。そのために、定期的な検査があ

り、ちゃんと基準を守られているかを調べるのです。

 

先月、当社の廃棄物(燃え殻)の抜き取り検査が行われ、先日その

結果がでました。

 

全ての項目で基準をクリアしており、ホッとしました。常日頃より

基準値のことは気にしながら管理しておりますが、結果がでるまで

はドキドキですね(^_^.)

これからも適切な維持管理に努めてまいります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です